読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンスト一郎の攻略つぶやき

モンスト一郎が攻略について雑記

鬼をころせ

張り替えたばかりのパリッとした真新しいシーツの上に浅く腰掛け、珈琲の入った紙コップと火のついた煙草に両手の自由を奪われているので、灰皿は足を器用に使い身体に寄せます。

昨夜のアルコールがまだ血液中をドロドロと巡っている気がし、ミンチの中に片栗粉を溶かすように、体内の浄化に意識を巡らせます。麻婆豆腐を作る過程に似ているなと考えます。

と言っても身体の中の、意識下の事なので当然にも目には見えず、そのような感覚でいるという事。

実際はどうすればドロドロが浄化されサラサラになるのか、具体的な方法を知りません。以前にテレビかインターネット、もしくは誰かに方法を教わった筈ですが、それから今日までの過程で私の脳みそはその知識をリミックスして、もう原曲が分からなくなっている筈。

だから本当に意味があるのかと問われればわからないけれど、こうして体内に意識を集中していると不思議。たしかにドロドロがサラサラになっていく気持。

でもやっぱり気のせいなのかもしれません。わかりません。1日はとっくに始まっています。そうと気づく頃には終わっているのです。例に依ると夜なのです。真新しくシーツを変えたばかりのような身体を、どうせまた酒で染める。待ってました、と。